宅配業者としての心構え

近年、中野の運送会社でも積極的な女性のバイト採用を心掛けています。その背景に、女性だからこそ気付く心遣いや男性よりも高いコミュニケーション能力を有しているという理由があるからです。例えばお届け物の伝票を渡す際に、お客側の渡される目線に立って手渡す事を心がけていて、お客が伝票を受け取った時に逆さまにならないような配慮が出来るという細かな部分です。
一般に宅配物をお客の元へ届ける仕事は力仕事が中心だとする先入観を感じますが、会社の従業員に対する役割分担においての配慮により、比較的軽い宅配物に関しては女性に任せてもらい、男性にはない女性らしさの繊細さを尊重した、お客の心を掴んでいく事に尽力しているのです。その行為を通して人として持ち合わせていくべき真心をも伝えていくサービスだと言えるでしょう。
運送会社で強調している点として、挨拶と一緒にお客様に荷物を届けるというものです。挨拶から始まるお客との対話を仕事の一環として大事にしようとする経営方針であります。挨拶の仕方によって、お客から見たバイトの宅配業者としての人間的評価が決まるといっても過言ではないでしょう。
やはり挨拶無しにいきなり宅配物を渡されてもお客として気分の良いものではありません。それはお客側の心の準備が出来ているのか否かに関係しているからです。お客の荷物を受け取る心の準備をこちらが考慮して作っていくという意味でも挨拶は欠かせないのです。

運送会社は、男性の仕事という概念を外して考えてみましょう。車の運転が得意・短い時間でもOKならとか、自分もやれるかもしれないという気持ちになるのではないしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です